塾講師のキャリアプランはどんなイメージになるのか?

塾講師 キャリアプラン 【正社員塾講師】

第一の道 塾講師キャリアプラン

新卒で、塾講師になられる方はとにかく子どもたちの成長を見続けて自分自身も成長させていきたいとお考えのことでしょう。そのため、5年後10年後の自分自身の姿がどのようになっているかを想像するのはなかなか難しいかもしれません。

塾も予備校も会社組織です。そのため、内部では表に立つ現場以外にも会議室もあるしバックヤードも当然あります。考えられる職種を並べてみましょう。

プロフェッショナル教師・ 授業、教師・教務職

一番現場の最前線で塾で最も大切なセクションになります。ここがしっかりしていなければ当然ながら生徒さんは集りません。

進学塾・補習塾、個別指導塾・集団塾・映像授業塾のように会社の方向性に併せた授業スタイルがありますので、それに基づいて授業を展開していくことになります。

授業は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!という意識で。現場の空気は必ず地域の口コミに響いてきます。

ゼネラリストマネージャー・ 教室長・校舎長 ・エリアマネージャー

現場のマネージャーです。当然、授業をすることはもちろん授業の年間カリキュラム、ポスティング・ハンディングなどの営業面、体験後のクロージングや校舎のインストアプロモーションといった営業面、現場で働く教師の人材育成から統制・シフト作成など、教室長・校舎長の采配で校舎は動いていくことになります。

そのため、仕事の幅がカナリ大きくなってきます。このため、現場のカラーは教室長・校舎長のカラーに依るところが非常に大きいです。一方で、塾によっては授業の現場よりもマネージャーという立場となっていくため、授業のコマ数そのものは減るかもしれません。

その上で、教室全体の数値管理が大きな仕事になります。イメージ的には、店舗管理者という位置づけになることでしょう。校舎長の振る舞いや行い言動で、生徒さんの心はもちろん、そこで働いてくれている講師の先生方の気持ちも変わってきます。

実際に教えることは少なくなるとしても、校舎長の言動で校舎のカラーは大幅に変わってくることでしょう。

プロフェッショナル教師VSゼネラリストマネージャー

授業や教材開発などの現場プロフェッショナルを目指す方向と、現場管理からエリア管理といった事業部の統括を目指す方向性があります。どちらが良いかと言われれば、正直ご本人の興味・適正・関心で変わってくるかと思います。

そのため、ご自身がどういった軸でキャリアを構築していきたいかが大切です。具体的には、以下のような軸があるかと思います。

  • 一生授業していきたい
  • 現場から離れたくない
  • 部下育成がしたい
  • エリアを統括して影響力を持ちたい
  • 事業の方向性を作っていきたい
  • 収入を増やしていきたい
  • ワークライフバランスは大切にしたい
  • 保護者様や生徒さんと直接やりとりしたい
  • 社員やアルバイトをサポートしたい

などでしょうか。他にもたくさんあるかと思いますが、まずは軸を固めていくことが大切です。何を一番大切にしたいのか、それを日々の業務にあたりながら自問してみてください。

第二の道 本社機能

塾業界 間接部門 キャリアモデル

大手でなければ、基本的には現場責任者と本部機能は同一責任者がかねることが多いです。特に中小企業の塾であれば大概は経営者である塾長さんが行っておられることでしょう。

しかし、塾も大きくなってくれば当然ながら分業制が図られることになっていきます。塾1教室あたり仮に80人の生徒さんが居るとしましょう。その80人教室が10教室あればもうその時点で在籍生徒さんは800人ということになります。

そうなれば、当然に管理業務は分業制になるでしょう。そして、10教室もあれば本社機能も必要になってきます。10教室分の募集活動から売り上げ管理、人件費等の経理管理、発注等庶務業務、さらには、人材育成部門などが必要になってきます。そして、塾の方向性を決める経営管理室的な部門も必要になってくるのではないでしょうか。

10教室80人として、一人単価月20,000円ならば、月間で160万円。掛けることの14ヶ月(夏期と冬期講習を込めて。)でおよそ、2000万円前後の売り上げが発生することとなります。そうであれば、そういった全体管理が必要になるのは想像に難くありません。

このような本社機能は、当然に現場責任だけでなく社内全体の責任を背負うこととなってきますので非常に重要な業務になります。であれば、当然にやりがいと給料にも響いてくることでしょう。ハングリー精神で戦える方は是非こういった部門を狙ってみるのも良いかもしれません。

総務・経理・購買部

この部門は完全にコストセンターになります。そのため、急激な年収アップは狙いづらいところです。ですが、授業料の受け取り、督促や、教材発注や新規校舎の立ち上げ選定などを管理したりする会社もあるでしょう。

この部門は、生徒さんを支える「先生」を支える部門です。そのため、先生方が快適に働けるかどうかはこういった間接部門に依拠します。

誰かのサポートをしていきたい方にとっては最適な部門でしょう。

マーケティング・集客

この部門は、全社の中でも経営企画や事業方針などの戦略部門に密接な部署になってきます。プロフィットセンターと言えるでしょう。この部門の如何によって、年度の生徒さんがどの程度入会してくれるかが大きく変わります。

どれだけいい授業をして、どれだけ成績を上げたとして、どれだけ生徒さんに貢献できたとしても、それを知ってもらわなければ新しい生徒さんは入会してくれません。

1人の生徒さんの成績を上げるのではなく、100人の生徒さんの学力を上げるお手伝いをするための、集客部門です。特に塾の場合は、エリアや地域に根差した商売です。商圏もそこまで大きくありません。

そのため、泥臭いダイレクトマーケティングやエリアマーケティングなども大切になってきます。戦略と実行をどれだけ行えるかが大切です。

新規事業開発 R&D

R&DとはResearch & Developmentの略で、新しいことを始める前段階の基礎研究から開発を意味した言葉です。そこから転じて、新規事業開発などを意味する言葉になっています。

塾業界で新規事業開発を行っているのは、大手塾・予備校になってきますので、こういった部門を単独で持っているところは多くはありません。

ですが、近年リクルートさんがスタディサプリで参入してきたように、激変しております。そのため、大手塾・予備校を中心に生き残りをかけて新しい事業開発に力を入れ始めています。

この部門も、プロフィットセンターと言えるでしょう。新しいものやイノベーションに興味がある人、ご自身の力で教育という分野でイノベーションしていきたいならば狙ってみるのも良いでしょう。こういった分野は、社内の生え抜きやプロパー社員以外で言うと、コンサルタントや新規事業開発に従事してきた方で構成されており、非常にエキサイティングな分野になっています。

第三の道 独立

10年したらもうベテランです。塾業界は、ひょっとしたら3年もしたらベテランかもしれません。(中1から持ったとしても、受験学年まで全てもてるため。)

大手塾・予備校は教育方針やスタイルが決まり切っているケースが多いです。標準化やITツールの拡販により、自由に指導できるケースや臨機応変に対応できるケースは少なくなりつつあります。

それに不自由さや、やりたい教育でないと感じたのであれば独立するというのも一つのキャリアプランかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました