塾業界のレア人財とは?市場価値の高い人材

塾業界 予備校業界 レア人財 【アルバイト塾講師】

塾・予備校業界は、無資格で始められる仕事です。その点が公教育との大きな違いで、サービス業に分類されます。

つまり、塾は玉石混交で流行り廃りや景気などの影響でも不安定になりやすい形態です。そんな塾業界を渡り歩いていくためには、塾業界におけるレア人財になってしまうのが最善です。

教育業界といえども、塾講師や家庭教師、予備校講師も利潤を求めた民間企業であることは忘れてはなりません。そのため、需要と供給バランスで求人採用するかどうかが変わってきます。

ではどのような人がレア人財と言えるでしょうか。どんな経験や資格、スキルを身に着ければいいのかを見ていきましょう。

塾業界のレア人財とは?

塾業界のレア人財は、他の業種・業態と関連してくる部分もあります。一方で、塾・予備校業界に特徴的な部分もあります。

網羅的に確認してみましょう。

中学受験を経験している

東京・埼玉・神奈川・千葉、大阪・京都・神戸といった都市部では中学受験が盛んです。近年では、公立中高一貫校がはじまり小学校から塾に通わせているご家庭が増えてきました。高校卒業後、大学・短大・専門学校というように進学する割合が増えてきたため、受験戦争の出口である大学受験は全入時代といいながら激化の一途を辿っています。そのため、中学から私立上位校に通わせて先取り学習で質の高いカリキュラムを受けたいと考えるご家庭が増えているのです。

一方で、中学受験をご経験されたことならご存知の通り、あれは職人芸の世界です。小学生にそんな問題を解かせるの?!という問題だらけです。難関校、上位校に当然人気が集中しているので、その対策を取れるかどうかというのが、指標になってきます。小学生が多い塾では、この項目を重要視している塾はかなり多いです。

理系科目が指導できる

いつの時代も、数学や理科が嫌われ文系のほうが母数が多いのは常のことです。そのため、理系科目が指導できるというだけで、塾からは引く手あまたというのが良く聞く話です。人材が常に不足していますので。(もちろん、最低限のコミュニケーション能力などをクリアした上でですが、最悪、塾の研修で面倒見てしまおうと考えるところも少なくはありません。)

たとえ、大学の学部が法学部・経済学部・商学部・社会学部・文学部・外国語学部のような文系学部であっても、中学数学までなら何とかなります!とか高校数学の2Bまでは何とかなります!というのでも、塾から気に入られるでしょう。

理科で言うと、もちろん物理・化学の指導が出来ればGOODですが、生物がなんと需要と供給バランスがうまくいってない科目です。もし、生物1(B)までいけます、というようであれば塾からは好まれること請け合いです。
あと、中学理科までなら~、とかでも全然大丈夫です。

社会科目が担当できる

社会科目は暗記項目が多く大変です。私立文系であっても大学に入ったら大概のことは忘れてしまうものです。
もし仮に、一教科でも指導可能であればOK

それが、日本史、世界史、地理のみならず、政経、倫理、現代社会、中学公民まで指導可能なら大変な戦力になること間違いありません。

専門性がある

複数指導教科があれば、それだけ採用実績が高まるのは間違いありません。
しかし、必ずしも複数教科が必要なわけでもありません。

ある特定科目に対しては、絶対の自信と経験、知見があるのならば、その科目に特化した指導員になることも当然にあります。
ちなみに、私は、一教科指導専門から徐々に増やしていました・・・。

教育免許を所持している

塾は不要ですが、あれば一つの証明になります。
教科指導以外で児童心理などにも精通していると思われ、好印象を与えるでしょう。

大学院に通学している(た)

これだけで武器です。修士課程ならともかく、一般企業で博士課程に通学していたらポスドクかよ!プライドだけ高くて、と人事に敬遠されることが多いです。

しかし、塾業界であれば、むしろ博士?!やるじゃん!となります。教育業界、特に塾業界、予備校業界は研究者崩れが多いです。ゆくゆく研究職を狙われている方も副業として塾業界で生計を立ててらっしゃる方は多いです。

その他ビジネススキルを多数所有している

簿記や中小企業診断士、MOS、TOEIC、その他語学系、プログラミング関連なども評価されやすいです。塾もビジネスである以上、経営資源の有効活用があります。

また、語学系は近年の多国籍化により生徒さんの保護者様とのコミュニケーションを円滑に運ぶこともできます。

他にも、プログラミング関連で事務処理系を楽に進めることで業務改善などを行えます。

資格を所持している

飽くまでも、なりやすいという一つの指標をまとめただけです。私自身は、塾業界に入ったときは、ここに上げた項目一つもクリアしておりませんでした。

そのため、ゆくゆくこういった項目をクリアしてみよう!そしてキャリアアップをしよう!と考えるくらいでOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました